60年代和風モダンロビー 京都商工会議所
引き続き京都の1960年代建築を追っていきましょう。
1964年(昭和39年)竣工の京都商工会議所ビル。ファサードは数年前にリニューアルされています。黒いステンレスの格子は京町家をイメージしているのだそうです。
d0086866_23393468.jpg


元はどんなだったかとういうと、烏丸通りの1本西の通りに面した建物の裏側にその雰囲気を見ることができます。コンクリート製の手すりは橋の欄干のイメージです。この時代のモダニズム建築らしく、和風のパターンをデザイン化して取り入れているところが素敵です。
d0086866_2322076.jpg


この建物、外観だけではそんなに感動するような仕掛けがないのですが、中に入って驚いてください。この、ガラス扉の重厚な陶器の取っ手。きっと清水とかで焼いたものなんでしょう。こういう民芸風のテイストもこの時代ならではです。
d0086866_23231857.jpg


圧巻は1階のロビーです。吹き抜けになった2階の天井から下がる、ちょっと50年代アトミック風味の照明オブジェ。個人的にものすごく好き。中庭の枯山水もデザイン化されたものです。
d0086866_23243583.jpg


壁の照明もモダンなエレガントさがあります。2階の廊下の手すり部分のデザインもすばらしい。
d0086866_23402039.jpg

d0086866_23403843.jpg


実は、床には十二支をデザインしたモザイクもあるんですが、ソファで隠れているのが惜しまれます。
d0086866_2341320.jpg


個人的にはとてもツボな和風モダンデザインなんですが、このロビーと中庭も改装するとかなんとかいう話もあったようです。ぜひとも、ここだけはそのままにして欲しい。
d0086866_23412354.jpg


■中京区 烏丸通夷川上ル 京都商工会議所
■1964年
[PR]
by radionova2 | 2006-10-29 23:29 | 公共行政
<< 60年代フルメタルビル 京都証... 旧・北國銀行京都支店(Tear... >>