モダン庁舎の終焉 壬生車庫
四条大宮から斜めに伸びる後院通りを北上したところの京都市交通局壬生車庫。ここは1912年(明治45年)京都市電が開通した当時に電車の操車場として開設された、京都の都市交通発祥の地といえる場所です。

現在の庁舎は1956年(昭和31年)11月の竣工。老朽化のために来年度の移転が決まっています。この土地の一部は京都府に譲渡され、新しい警察署の建築用地となるそうです。

この交通局の庁舎、相当古びてはいますが、50年代らしくちょっとポップで立体的な、モダンさにあふれた建築群なんです。
d0086866_0141789.jpg

アールのついたガラス出窓がアクセントになっている低層の車庫部分、こういう曲線のデザインは、昔のタクシー会社やガソリンスタンドなどにも見られる50年代モータリゼーション風味ですね。
d0086866_015250.jpg

コンクリートの庇が軽やかなファサード部分は、窓口や建物への入り口が並びます。
d0086866_015395.jpg

大小の箱が重なった形の建物の奥には、一本の大木がすっくと立つ小さな中庭を囲むように、斜めに濃い色の壁面の棟が続きます。
d0086866_0144181.jpg

このガラスの壁面や屋上のバルコニーもとても美しいデザイン。
d0086866_0161447.jpg

こんな個性的な50年代のモダニズム建築がなくなるのは非常に惜しいです。
d0086866_0152260.jpg


■中京区 京都市交通局 壬生車庫
■1956年(昭和31年)11月竣工
[PR]
by radionova2 | 2006-12-27 00:30 | 公共行政
<< 50年代モータリゼーション風味... 伊東忠太の獅子 祇園閣 >>