モダンボウリングセンター
60~70年代建築好きとしては、いつか紹介したいと思っていた建物です。
千本中立売を下がったところ、仁和寺街道という細い道を東に入った民家の並びに忽然と現れるのがここ。かつてのボウリングセンターそのままの姿で利用されている公共施設、西陣文化センターです。
d0086866_1171179.jpg

このファサードのモダンデザイン、たまりませんね。入り口には営業時間なども残っています。
d0086866_1173398.jpg

もう1カ月以上前になるのですが、西陣地域の文化イベントの会場となっていたので、中をのぞいてきました。かつてボウリングのレーンだったところは、駐車場として使われているのですが、そのまま、アート作品が投影されていてカッコイイです。
d0086866_1175015.jpg

d0086866_118846.jpg

このボウリングセンターは1980年代の中ごろに廃業したそうなのですが、そのままで再利用して使われ続けているのが、今となっては貴重です。
d0086866_1182291.jpg

d0086866_1183650.jpg

■上京区 公共施設
■70年代?
[PR]
by radionova2 | 2007-07-09 01:00 | 公共行政 | Comments(2)
Commented by 西山遊野 at 2007-07-17 22:07 x
ここは知りませんでしたが、なんだかこういう雰囲気は懐かしいですね。
むかし北区在住だったのですが紫竹にもボウリング場があったような。
紫竹ボウルだったっけ?それにしても今でも当時のまま残っている
のがすばらしい。まあそんな昔じゃないのであたりまえか。
それほどモダニズム建築は希少価値がないだけに逆に貴重なんだけどな。
Commented by radionova2 at 2007-08-06 00:36
今となっては、「えーっ、こんなところにあったの」という場所に、映画館やボウリング場などがあったのですね。ここのロケーションも、すごく細い道の住宅の中で、初めて見ると驚きます。
ここは、放置されてるみたいに、いい感じでゆるく使われているのが良いですね。
<< タイヤ痕デザイン 交通安全会館 商工会議所カフェ >>