2006年 09月 18日 ( 1 )
なでしこ柄のタイル


堀川通りにある会社のこじんまりとしたビルです。渋い色のタイルだなあと近付いてみると、なでしこの花の模様が浮き彫りになったユニークなものでした。よく見るとタイルごとに花の向きが微妙に違って、このランダムさゆえデザインパターンに気付きにくいのかもしれません。ちょっとした工芸品っていう感じです。

このあたりは、かつて羽振りの良かった和装関連の会社の趣向を凝らしたビルが、大小さまざまに立ち並んでいたはずです。きっと贅沢な素材なのでしょう。

このタイルの色使いといい、木製のドアの引き手のテクスチャーといい、1960~70年代の和風モダンなテイスト。個人的に1950年代~70年代の日本的モダンザインにはとても興味があります。

■上京区 会社ビル
■堀川寺之内あたり
[PR]
by radionova2 | 2006-09-18 23:49 | Detail