カテゴリ:店舗( 7 )
60年代六角モチーフビル
ネタを拾っても、ちょっと調べようと思っているうちに書けなくなってしまうこと、よくあります。これではいつまでたっても進まないのでひとまずあげちゃいましょう。

御池通りの寺町アーケードから2筋西、御幸町の角にある4階建てのビル。1階がコンビニになっているので見落としがちですが、ちょっとユニークな建物です。
立体的な打ち放しコンクリートのグリッドで外壁を囲んでいるようなイメージ。コンクリートのグレーに窓枠などの赤色がアクセントになっています。
d0086866_0225260.jpg


コンビニの入り口の黒御影石の柱にはこんな彫刻が残っています。
1961 五代 こま亀?かな。施主なのか、設計やデザインの印なのか、ちょっと謎。コンビニになる前は何だったのか、まったく覚えがありませんが、60年代初めの建物というのはうれしくなってしまいます。
d0086866_031343.jpg


この6角形のモチーフ、外壁コンクリートの開口部に使われているパターンなんですね。
御幸町通りのイタリアンレストランの方向から見たらこんな感じ。コンクリート部分のつくりは繊細に造形されていて立体的です。
d0086866_0414243.jpg


裏側を見ると3階4階は廊下になっているようで、デザインがわかりやすいです。開口部に付いている手すりっぽい部分も赤く彩りされてグラフィカル。なかなか美しいですね。
d0086866_047996.jpg


■中京区 商業ビル/集合住宅
■1961年

ちなみに、このようなファサードのパターンのビル、たまに見かけます。
たとえばこんなの。こっちは西院の裏通りになる古ビルですが、見た目だけ真似したようなデザインになってますね。
d0086866_0541118.jpg

[PR]
by radionova2 | 2007-10-09 01:00 | 店舗
旧・北國銀行は商業施設に flowing KARASUMA
以前話題にした旧・北國銀行のその後。年明けにニュースで見かけて、そのまま書く時期を逃していたのですが、最近の記事を見つけたのでアップしておきまます。
d0086866_23442335.jpg

この建物、結局長谷ビル自身の直営でflowing KARASUMA(フローイング・カラスマ)という商業施設になるようです。それにしても flowing て、流されていきそうなネーミングはどうなん?
d0086866_23452010.jpg

以前の日経の記事では、3月とありましたが最近の記事では4月にオープンとのこと。
どのように、この建物の魅力を生かしてくれるのか注目したいですね。

公式サイトはこちら

NIKEI NET:辰野金吾設計の銀行支店跡、3月下旬にも商業施設に
四条烏丸に複合商業施設「フローイングカラスマ」-4月開業
[PR]
by radionova2 | 2007-02-20 21:54 | 店舗
昭和RCモニュメント1 ぎおん石
60年代の終わりから70年代にかけての香りが残る建築として、2つのビルを紹介しましょう。まず、祇園は八坂神社の目の前、坂下石材商店のぎおん石ビルです。
d0086866_23132455.jpg

この建物の上のほう、有名なあの建築を連想しませんか?コルビュジェのロンシャン教会!あっちは1955年の作品ですが、こちらは昭和44年(1969年)の竣工。プレートには設計三澤建設設計事務所、施工長谷川工務店とあります。
d0086866_23144345.jpg

壁面のテクスチャーやデザインがかなり面白いビルです。壁面から突き出した丸い照明が、各所のモチーフとして使われています。
d0086866_23145910.jpg

このビル内の喫茶室のインテリアなんかも当時のままっぽいので、ぜひチェックしてみたいところなんですが、ちょっと入りにくいんですよね。
d0086866_23151689.jpg

京都の貴重な60~70年代的モニュメントです。
このビルと兄弟ビルという趣の金光教烏丸教会はこちら

■東山区 坂下石材商店 ぎおん石
■1969年竣工
■設計三澤建設設計事務所 施工長谷川工務店
[PR]
by radionova2 | 2007-02-17 23:21 | 店舗
丸物懐古展で見つけたモダニズム 東京丸物
来年2月に86年という長い歴史を閉じることになっている京都近鉄百貨店。個人的には、前身の丸物に子供時代の思い出が残る店です。『丸物懐古展』と題した、この店の歴史を振り返るミニ展示も2回目。今回はお客さんや元社員が思い出の品や写真を提供したり、京都店以外の丸物についての展示などもされていました。

本家の京都店を差し置いて私が見入ってしまったのは、池袋の東京丸物について紹介した古い印刷物のパネルです。係りの人に「この展示の写真撮ってもいいですか」と聞くと「どうぞどうぞ、どれでも撮ってください!」ということだったので遠慮なく写してきました。

昭和32年、1957年竣工の東京丸物(池袋ステーションビル)。現在の池袋パルコです。この北壁面のモザイクタイルの壁画!この時代ですね。写真のキャプションに村野藤吾設計とあります。当時の様子が伺える貴重な画像ではないでしょうか。
d0086866_003589.jpg

言っちゃ悪いですが、こっちのWikipediaにあがっている今の写真(現状2006年5月)より、当時のもののほうがよっぽどイケてるモダニズム建築ではありませんか。
d0086866_015668.jpg

この階段(夢の階段・ドリームステップ!)なんかもちょっと雰囲気はありますね。いずれにしても、東京丸物はたった10年でパルコになってしまうのですが、これらのデザインがそんなにあっという間に消えてしまったとしたら勿体無さすぎますね。
d0086866_021267.jpg


■池袋 東京丸物
■1957年竣工 地下3階、地上8階、塔屋3階、鉄筋コンクリート造
■設計 村野藤吾 施工 大林組(建築工事の写真によると)
[PR]
by radionova2 | 2006-12-03 00:26 | 店舗
復興モダニズム公営住宅商店街 堀川商店街
堀川丸太町の西側をもう少し北へ行くと、下立売あたりから下長者町にかけて古びたアーケードの商店街になっています。これが堀川商店街。昔ながらの味のあるお店が並んでいて個人的には好きな場所です。
d0086866_22372055.jpg


実はここ、堀川通り沿いに4棟並んだ3階建ての公営住宅の1階部分が商店街となっているのです。竣工は1951年(昭和26年)。京都の戦後復興の象徴ともいえるこの商店街は、全国ではじめての店舗付き公営鉄筋住宅なのだそうです(商店街の旧サイトによる)。
d0086866_22401024.jpg


いまとなっては、外見はかなりくたびれていますが、縦長の窓が並んだ階段部分が屋上に張り出して、低層で横に長い建物のアクセントになっています。ベランダもリズミカルに配されていて、無味乾燥な公営住宅とは一線を画したモダンな構成美が感じられませんか。
d0086866_22363625.jpg


戦後まもなくたち現れた、巨大なモダン・ショッピング街。当時の人々にとってどんなにか鮮烈な印象だったでしょう。市街地で真っ先にこれだけの開発を推し進めたわけには、この堀川通りの激動の歴史があったようです。
d0086866_22592112.jpg


詳細はこちらの上京区役所のサイトをご覧いただくとして、このあたり、16世紀頃には京都最大の生鮮市場があり、大正時代には300店以上の店が立ち並ぶアーケードの「堀川京極」という大商店街だったといいます。

それが、第二次大戦末期の1945年(昭和20年)に、空爆による延焼を防止するため堀川通りを拡幅して防火帯とする計画により、わずか5日の期限で強制疎開させられ、この上京で最も歴史ある繁華街はすべて消え去ってしまったということなのです。ある意味戦争による被災ですね。
d0086866_22411245.jpg

今ではすっかりレトロなこの建築群、比較的高い建物が多い堀川通りにあって、ご覧のようにここだけスコーンと空が広くなっています。かなり貴重な戦後建築だと思うのですが、老朽化も進んでいそうなので、いつまでこの姿が見られるかとも考えてしまいます。

■堀川商店街(京都府営下立売団地)
■鉄筋コンリート造 3階建
■1951年

*参考サイト
上京区役所 上京区の歴史:待賢学区 
堀川商店街 倉日用品店:堀川商店街の歴史
堀川商店街

堀川商店街の以前のサイトには商店街の歴史にまつわる話があったのですが、リニューアルされたサイトにはそういうのがありません。ザンネン。
[PR]
by radionova2 | 2006-11-19 23:20 | 店舗
バブリーだったSACRA
三条通に並ぶ近代建築のうち、1988年にリノベーションされ、店舗活用の走りとなったSACRAビル(旧・不動貯蓄銀行京都支店)。

初期の頃は、エントランスもこんな感じでちょっとバブリーな高級路線でした。店舗は主にブティックやインテリアショップで、地下のバー以外に飲食店は入ってなかったんですね。今のほうが、親しみやすく、この建物の雰囲気を生かしたテナントが入っているように思います。
d0086866_042282.jpg


d0086866_012849.jpg


古い写真発掘シリーズでした。

■中京区 SACRA (旧・不動貯蓄銀行京都支店)
■1916年 国登録有形文化財
[PR]
by radionova2 | 2006-09-14 00:29 | 店舗
水色とえんじタイルの理髪店
old barber shop

シンプルなタイル使いと、大きな柄入りガラスがポップな理髪店。レトロでかわいい。

■下京区 理容ワタナベ
[PR]
by radionova2 | 2006-08-31 21:42 | 店舗