レトロ木製装飾面格子
京都の民家といえば、窓には直線的な格子が付き物ですが、こんなにかわいい面格子のお宅もあります。京都的というよりは昭和っぽいですね。
d0086866_017585.jpg

近代建築好きや60~70年代マニアにはたまらないNHKの朝ドラ"芋たこなんきん"の徳永医院の窓の面格子も、これほど装飾的ではないですが、こんな感じの木製なんですよね。

■中京区 民家
■木製面格子
[PR]
# by radionova2 | 2007-02-13 00:26 | Detail
100年リサイクル 東本願寺の瓦
白と黒を基調にしたちょっと和風なデザイン。五条御前あたり、昨年オープンした京都リサーチパーク8号館のエクステリアです。
d0086866_01461.jpg


実はここに用いられている瓦、現在修復工事中の東本願寺御影堂の屋根から降ろされたものなんですって。
d0086866_013128.jpg


この修復工事では「環境」も重要なテーマで、巨大な屋根から降ろされて廃棄される瓦や葺土を積極的に再利用する試みがされています。そのひとつが、こういった形での利用なんですね。このような使い方では消費する数はしれていますが、確かにシンボリックではあります。
d0086866_014732.jpg


ということで、興味が出てきたので東本願寺さんへ行ってきました。(昨年ですが)
d0086866_054578.jpg
すっぽりと覆われた御影堂の前には屋根の構造を説明するサンプルが置いてあります。

d0086866_072021.jpg
葺土に瓦を載せた工法と、木材を組んだ上に瓦を載せた工法がわかりやすく紹介されています。さすが、瓦がでかい。

d0086866_085264.jpg
御影堂の屋根には17万5千枚もの瓦が乗っているそうです。重量にして瓦1,500トン、葺土1,100トン。すごいスケールです。

d0086866_095027.jpg
瓦記名印刷所。奥に見えるのは、大日本スクリーンが開発した世界に1台!瓦用インクジェットプリンターなんだそうです。このプリンターで、寄進した門徒さんの名前を瓦に印字するんですよ。
d0086866_0101878.jpg

プリンターなんて味気ないと思いがちですが、申込用紙をスキャンしてその人の筆跡がそのままプリントされるというのはいいではないですか。個人個人の入稿がバラバラでも、お寺ごとにまとまったものから順に印刷していくという瓦版DTP!

d0086866_0105144.jpg

瓦について様々に紹介するパネル展示や瓦を再利用したアイテムなどもあちこちに。地味ながら濃い瓦ワールドで面白かったです。
d0086866_011623.jpg


詳細はこちらの東本願寺さんのサイトへ。http://higashihonganji.jp/
サイト構成がイマイチでわかりにくいんですが、御影堂修復関連のレポートはかなり面白い!「御影堂御修復のあゆみ」バックナンバー必見です。

■下京区 京都リサーチパーク、東本願寺御影堂
[PR]
# by radionova2 | 2007-02-04 00:16 | 宗教施設
何の建物だった? 鞍馬口駐車場
北区の鞍馬口通り、烏丸から少し西に、こんな気になるファサードがあります。

美しく組まれたレンガっぽいタイル。入り口の上にかつては庇かオーナメントがついていたと思われる跡。無造作に放置された、廃墟っぽい空気が漂うこの場所は、実は京都市駐車場公社の鞍馬口駐車場です。
d0086866_23283062.jpg


立派な建物かと思いきや、このファサード部分は、工場みたいな建物の間口にとってつけただけなんです。元は何の建物だったのか、とても気になります。
d0086866_23281044.jpg

■北区 鞍馬口駐車場
■社団法人京都市駐車場公社
[PR]
# by radionova2 | 2007-01-21 23:50 | 公共行政
タイル見本の壁
d0086866_0401316.jpg


よくこれだけ色とりどりのタイルを並べたものです。
タイルとか外装とかにかかわっておられるお宅でしょうか。
細い路地がカラフルで楽しくなります。

■中京区 民家
[PR]
# by radionova2 | 2007-01-15 00:45 | Detail
50年代モータリゼーション風味 ヤサカ自動車本社
50年代モータリゼーション風味が感じられる建物として、前回のエントリで壬生車庫を紹介しました。このヤサカ自動車本社も、少し時代は後になりますがその時代の雰囲気が残る建物です。
d0086866_233076.jpg

定礎には昭和34年(1959年)5月とあります。この年か翌年には竣工なんでしょう。窓やディテールをよく見ると、古い時代の味わいが残っていて個人的にかなり好きな建物です。
d0086866_23311820.jpg

この、道路に面した窓のアールなんかが、50年代モータリゼーション風味ですね。
d0086866_23305770.jpg

この手の味わいが残る建物としては相互タクシーの乗り場がありますね。昔は京都にもあったのですが、今は関西で、ここ北新地をはじめ数箇所しか現存していないと思います。
d0086866_23315890.jpg

この相互タクシーの建物については、神戸大学の梅宮弘光先生による調査内容が、1999年の日本建築学会大会学術講演梗概集に収められています。

■下京区 ヤサカ自動車本社
■1959年定礎
[PR]
# by radionova2 | 2007-01-08 23:33 | 企業