タグ:コンクリート ( 4 ) タグの人気記事
70年代おしゃれマンション じょい下鴨
北大路通りに面する大型マンション。1階と地階はテナントになっていて、下鴨高木町のランドマーク的な建物なのですが、これが未来的でファンシーな、まさに70年代どまんなかの物件なんです。

d0086866_143157.jpg


「じょい下鴨」というネーミングからしてこの時代っぽいんですが、少し前に、この筆文字で描いたロゴが、これまた70年代的なサインポールから消えていたのです!これは改装とかされちゃうのだろうか!?と今回取り上げてみました。

d0086866_142968.jpg


まず、なんといってもこれ!壁面にビス付けされた透明ドーム!
現在では壁面に汚れが出ていてちょっと悲しいものがあるのですが、同じような明り取り窓は、東山仁王門の京都文教高校の建物にも付いているのを見かけたことがあります。

d0086866_1355169.jpg


エレベーターホールから見た丸窓はこんな感じ。

d0086866_1364072.jpg


エレベーターの扉の向かいの壁面は、デイジー模様のレリーフタイルがカワイイ!赤と白、丸、がここのデザインのテーマなんですね。

d0086866_137959.jpg


そして階段室はこんなデザイン。やっぱり丸窓が未来的!

d0086866_1365357.jpg


階段は三角形に螺旋を描いていて、これも幾何学的で美しい。

d0086866_1372214.jpg


各戸の外部にもアールのデザインが生かされていて、住居ごとに設置された格子の柵や面格子のデザインもちょっとファンシーで素敵。

d0086866_138676.jpg


廊下のバルコニーの上も飾り柵になっていて、これが、外から見ると可愛らしいトリミングになっているわけです。

d0086866_137446.jpg


すばらしい70年代集合住宅ですね。

d0086866_1345267.jpg


d0086866_1383115.jpg

■左京区 商業ビル/集合住宅
■竣工 1975年2月 SRC造9階建
■施工 熊谷組
[PR]
by radionova2 | 2007-11-05 01:40 | 住宅
60年代六角モチーフビル
ネタを拾っても、ちょっと調べようと思っているうちに書けなくなってしまうこと、よくあります。これではいつまでたっても進まないのでひとまずあげちゃいましょう。

御池通りの寺町アーケードから2筋西、御幸町の角にある4階建てのビル。1階がコンビニになっているので見落としがちですが、ちょっとユニークな建物です。
立体的な打ち放しコンクリートのグリッドで外壁を囲んでいるようなイメージ。コンクリートのグレーに窓枠などの赤色がアクセントになっています。
d0086866_0225260.jpg


コンビニの入り口の黒御影石の柱にはこんな彫刻が残っています。
1961 五代 こま亀?かな。施主なのか、設計やデザインの印なのか、ちょっと謎。コンビニになる前は何だったのか、まったく覚えがありませんが、60年代初めの建物というのはうれしくなってしまいます。
d0086866_031343.jpg


この6角形のモチーフ、外壁コンクリートの開口部に使われているパターンなんですね。
御幸町通りのイタリアンレストランの方向から見たらこんな感じ。コンクリート部分のつくりは繊細に造形されていて立体的です。
d0086866_0414243.jpg


裏側を見ると3階4階は廊下になっているようで、デザインがわかりやすいです。開口部に付いている手すりっぽい部分も赤く彩りされてグラフィカル。なかなか美しいですね。
d0086866_047996.jpg


■中京区 商業ビル/集合住宅
■1961年

ちなみに、このようなファサードのパターンのビル、たまに見かけます。
たとえばこんなの。こっちは西院の裏通りになる古ビルですが、見た目だけ真似したようなデザインになってますね。
d0086866_0541118.jpg

[PR]
by radionova2 | 2007-10-09 01:00 | 店舗
昭和RCモニュメント2 金光教烏丸教会
先のぎおん石ビルと似通った、建物の上部のコンクリートのマッスが存在感バツグンなこちら。以前紹介した京都商工会議所の隣にある、金光教烏丸教会です。この屋上の物体、いったい中には何が入っているのでしょうか。
d0086866_23312356.jpg

こちらもコンクリートの処理が面白いテクスチャーなのですが、よく見ると、ぎおん石ビルのほうも奥の壁面に同じような処理の部分があります。定礎には昭和46年(1971年)とあり、先のぎおん石ビルのすぐあとに建てられた、同世代の建築といっていいのではないでしょうか。
d0086866_23315175.jpg

こちらもよく見ると細部が凝っていて楽しい建物です。ぎおん石ビルと金光教烏丸教会、60年代末から70年代はじめの雰囲気を伝える、それぞれ個性的だけれど共通点のある建築なんですね。
d0086866_23321611.jpg


■中京区 金光教烏丸教会
■定礎1971年7月
[PR]
by radionova2 | 2007-02-18 23:37 | 宗教施設
昭和RCモニュメント1 ぎおん石
60年代の終わりから70年代にかけての香りが残る建築として、2つのビルを紹介しましょう。まず、祇園は八坂神社の目の前、坂下石材商店のぎおん石ビルです。
d0086866_23132455.jpg

この建物の上のほう、有名なあの建築を連想しませんか?コルビュジェのロンシャン教会!あっちは1955年の作品ですが、こちらは昭和44年(1969年)の竣工。プレートには設計三澤建設設計事務所、施工長谷川工務店とあります。
d0086866_23144345.jpg

壁面のテクスチャーやデザインがかなり面白いビルです。壁面から突き出した丸い照明が、各所のモチーフとして使われています。
d0086866_23145910.jpg

このビル内の喫茶室のインテリアなんかも当時のままっぽいので、ぜひチェックしてみたいところなんですが、ちょっと入りにくいんですよね。
d0086866_23151689.jpg

京都の貴重な60~70年代的モニュメントです。
このビルと兄弟ビルという趣の金光教烏丸教会はこちら

■東山区 坂下石材商店 ぎおん石
■1969年竣工
■設計三澤建設設計事務所 施工長谷川工務店
[PR]
by radionova2 | 2007-02-17 23:21 | 店舗