タグ:中京 ( 15 ) タグの人気記事
60年代六角モチーフビル
ネタを拾っても、ちょっと調べようと思っているうちに書けなくなってしまうこと、よくあります。これではいつまでたっても進まないのでひとまずあげちゃいましょう。

御池通りの寺町アーケードから2筋西、御幸町の角にある4階建てのビル。1階がコンビニになっているので見落としがちですが、ちょっとユニークな建物です。
立体的な打ち放しコンクリートのグリッドで外壁を囲んでいるようなイメージ。コンクリートのグレーに窓枠などの赤色がアクセントになっています。
d0086866_0225260.jpg


コンビニの入り口の黒御影石の柱にはこんな彫刻が残っています。
1961 五代 こま亀?かな。施主なのか、設計やデザインの印なのか、ちょっと謎。コンビニになる前は何だったのか、まったく覚えがありませんが、60年代初めの建物というのはうれしくなってしまいます。
d0086866_031343.jpg


この6角形のモチーフ、外壁コンクリートの開口部に使われているパターンなんですね。
御幸町通りのイタリアンレストランの方向から見たらこんな感じ。コンクリート部分のつくりは繊細に造形されていて立体的です。
d0086866_0414243.jpg


裏側を見ると3階4階は廊下になっているようで、デザインがわかりやすいです。開口部に付いている手すりっぽい部分も赤く彩りされてグラフィカル。なかなか美しいですね。
d0086866_047996.jpg


■中京区 商業ビル/集合住宅
■1961年

ちなみに、このようなファサードのパターンのビル、たまに見かけます。
たとえばこんなの。こっちは西院の裏通りになる古ビルですが、見た目だけ真似したようなデザインになってますね。
d0086866_0541118.jpg

[PR]
by radionova2 | 2007-10-09 01:00 | 店舗
商工会議所カフェ
個人的にとても好きな場所、以前紹介した京都商工会議所のロビーがカフェになったという噂を聞いて、期待半分、心配半分で、どうなっているか見てきました。
d0086866_22444648.jpg

チェーン店のカフェなので、椅子やテーブルをはじめとしたインテリアがどうしようもなくダサいのですが、あの60年代デザインの内装に関しては、ほとんど手付かずのそのまま利用されていました!よかった。
d0086866_22493761.jpg

壁面の照明も、アトミック風シャンデリアも、モダン石庭も、床の十二支のモザイクも、コーヒーを飲みながらゆっくりと楽しむことができます。これはいい。
d0086866_2251814.jpg

ロビー横のスペースの奥には、金庫の扉みたいなものもそのまま生かされています。これは新発見です。もうちょっとこのデザインを生かすような雰囲気ならもっとすばらしいのに…。とはいえ、ヘンにいじられなかったのはよかったです。土日は空いていそうなのでせいぜい利用したいです。
d0086866_22525121.jpg

[PR]
by radionova2 | 2007-05-27 23:03 | 公共行政
どうなる?最上階付け足しビル 福井商店
忙しさにかまけて放ったらかしでしたが、ぼちぼち再開します。
千本通りの二条駅を少し北、以前紹介した木造工場のすぐ近くにある福井商店ビル。日本近代建築総覧によると、昭和10年(1935年)築、元は京都府購買販売組合連合会事務所ということで、京都府北部からの玄関口、二条駅の物流にかかわる建物だったようです。
d0086866_041763.jpg


鉄筋コンクリート造4階建てと記述がありますが、よく見ると最上階は後から増築されているのがわかりますね。元は3階建て+塔屋ということでしょう。

実は、最近、入っている会社がすべて退去しているようなので、ちょっと気になって取り上げてみました。
d0086866_0435524.jpg


ここで紹介している写真は、かなり前に撮ったものなのですが、上の写真にある窓のサインなんかがすべて取り払われていて、玄関には移転先の案内があります。

サイドの丸窓の上に丸い跡がありますが、これはかなり以前に、窓の大きさに合わせた福助のマークが付いていたからなんですよ。
d0086866_044219.jpg


最近、二条駅界隈は次々と開発が進んでいるので、このビルも今後どうなるのかが気になるところです。外装のスクラッチタイルや丸窓がいい味を出しているビルなので、壊してしまうのは惜しいと思うのですが。このまま引き続いて使われていくんでしょうか。
d0086866_0444938.jpg


■中京区
■昭和10年(1935年)築、鉄筋コンクリート造4階建
[PR]
by radionova2 | 2007-04-29 23:59 | 企業
70年代アルミビル 京都朝日ビルディング
d0086866_22174237.jpg
くすんだシルバーの壁面に、平面的に並ぶ同じサイズの窓。御池通りに並ぶビルのうち、柳馬場の朝日新聞ビルはどちらかというと地味な印象をうけがちなのですが、よく見ると1972年築というこの時代らしいすごく個性的なビルです。

d0086866_2229499.jpg
外装はすべてこれ!ハニカム形のエンボスになったアルミダイキャストパネルなんです。

d0086866_22311344.jpg
この写真をみればよく分かるのですが、縦長サイズのパネルと、窓用のパネルと、主に使われているのはこの2種類のパネルのみ。かなりサイバーなビルでしょ。

d0086866_22363299.jpg
昨年、ビルの1階にキッチンメーカーのショールームが入って、これが、今まであまり目立たなかったこのビルの魅力をうまく引き出しています。

d0086866_22411466.jpg
こんなポップアートは、この70年代のテクスチャーにはまりすぎですね。

d0086866_2243157.jpg
近代建築の魅力を生かしたリノベーションは盛んですが、こういう戦後建築のうまい活用も、もっと広まってほしいですね。

■中京区御池柳馬場
■京都朝日ビルディング
■1972年竣工
[PR]
by radionova2 | 2007-02-25 22:54 | 企業
旧・北國銀行は商業施設に flowing KARASUMA
以前話題にした旧・北國銀行のその後。年明けにニュースで見かけて、そのまま書く時期を逃していたのですが、最近の記事を見つけたのでアップしておきまます。
d0086866_23442335.jpg

この建物、結局長谷ビル自身の直営でflowing KARASUMA(フローイング・カラスマ)という商業施設になるようです。それにしても flowing て、流されていきそうなネーミングはどうなん?
d0086866_23452010.jpg

以前の日経の記事では、3月とありましたが最近の記事では4月にオープンとのこと。
どのように、この建物の魅力を生かしてくれるのか注目したいですね。

公式サイトはこちら

NIKEI NET:辰野金吾設計の銀行支店跡、3月下旬にも商業施設に
四条烏丸に複合商業施設「フローイングカラスマ」-4月開業
[PR]
by radionova2 | 2007-02-20 21:54 | 店舗
昭和RCモニュメント2 金光教烏丸教会
先のぎおん石ビルと似通った、建物の上部のコンクリートのマッスが存在感バツグンなこちら。以前紹介した京都商工会議所の隣にある、金光教烏丸教会です。この屋上の物体、いったい中には何が入っているのでしょうか。
d0086866_23312356.jpg

こちらもコンクリートの処理が面白いテクスチャーなのですが、よく見ると、ぎおん石ビルのほうも奥の壁面に同じような処理の部分があります。定礎には昭和46年(1971年)とあり、先のぎおん石ビルのすぐあとに建てられた、同世代の建築といっていいのではないでしょうか。
d0086866_23315175.jpg

こちらもよく見ると細部が凝っていて楽しい建物です。ぎおん石ビルと金光教烏丸教会、60年代末から70年代はじめの雰囲気を伝える、それぞれ個性的だけれど共通点のある建築なんですね。
d0086866_23321611.jpg


■中京区 金光教烏丸教会
■定礎1971年7月
[PR]
by radionova2 | 2007-02-18 23:37 | 宗教施設
レトロ木製装飾面格子
京都の民家といえば、窓には直線的な格子が付き物ですが、こんなにかわいい面格子のお宅もあります。京都的というよりは昭和っぽいですね。
d0086866_017585.jpg

近代建築好きや60~70年代マニアにはたまらないNHKの朝ドラ"芋たこなんきん"の徳永医院の窓の面格子も、これほど装飾的ではないですが、こんな感じの木製なんですよね。

■中京区 民家
■木製面格子
[PR]
by radionova2 | 2007-02-13 00:26 | Detail
タイル見本の壁
d0086866_0401316.jpg


よくこれだけ色とりどりのタイルを並べたものです。
タイルとか外装とかにかかわっておられるお宅でしょうか。
細い路地がカラフルで楽しくなります。

■中京区 民家
[PR]
by radionova2 | 2007-01-15 00:45 | Detail
モダン庁舎の終焉 壬生車庫
四条大宮から斜めに伸びる後院通りを北上したところの京都市交通局壬生車庫。ここは1912年(明治45年)京都市電が開通した当時に電車の操車場として開設された、京都の都市交通発祥の地といえる場所です。

現在の庁舎は1956年(昭和31年)11月の竣工。老朽化のために来年度の移転が決まっています。この土地の一部は京都府に譲渡され、新しい警察署の建築用地となるそうです。

この交通局の庁舎、相当古びてはいますが、50年代らしくちょっとポップで立体的な、モダンさにあふれた建築群なんです。
d0086866_0141789.jpg

アールのついたガラス出窓がアクセントになっている低層の車庫部分、こういう曲線のデザインは、昔のタクシー会社やガソリンスタンドなどにも見られる50年代モータリゼーション風味ですね。
d0086866_015250.jpg

コンクリートの庇が軽やかなファサード部分は、窓口や建物への入り口が並びます。
d0086866_015395.jpg

大小の箱が重なった形の建物の奥には、一本の大木がすっくと立つ小さな中庭を囲むように、斜めに濃い色の壁面の棟が続きます。
d0086866_0144181.jpg

このガラスの壁面や屋上のバルコニーもとても美しいデザイン。
d0086866_0161447.jpg

こんな個性的な50年代のモダニズム建築がなくなるのは非常に惜しいです。
d0086866_0152260.jpg


■中京区 京都市交通局 壬生車庫
■1956年(昭和31年)11月竣工
[PR]
by radionova2 | 2006-12-27 00:30 | 公共行政
完全木造工場
住宅や寺社仏閣以外の木造建築って、防火上の制約なんかもあるんでしょうが今では滅多にみかけません。二条駅に近い街中で、こんなふうに比較的大きな木造の工場は希少なんではないでしょうか。
d0086866_2305225.jpg


ここは、吉澤商店という建築資材屋さんのようです。JR二条駅の北向かい側の中京中学の角を曲がってみてください、この一角にさしかかると昭和にタイムスリップしてしまいます。
d0086866_2315989.jpg


一箇所アルミの扉がある以外はみごとに木造で、剥れかけたグリーンのペンキがいい味を出しています。
d0086866_23204954.jpg


かなり朽ちかけではあるのですが、窓や壁面のディテールがなつかしく、いまどき滅多にみかけないものなので面白いです。
d0086866_23223412.jpg


この工場、いつまでこの姿で残っているでしょうね。
d0086866_23243046.jpg


■中京区 会社事務所
■木造2階建
■千本 押小路あたり
[PR]
by radionova2 | 2006-11-26 23:37 | 企業