タグ:和風Modern ( 4 ) タグの人気記事
60年代和風モダンロビー 京都商工会議所
引き続き京都の1960年代建築を追っていきましょう。
1964年(昭和39年)竣工の京都商工会議所ビル。ファサードは数年前にリニューアルされています。黒いステンレスの格子は京町家をイメージしているのだそうです。
d0086866_23393468.jpg


元はどんなだったかとういうと、烏丸通りの1本西の通りに面した建物の裏側にその雰囲気を見ることができます。コンクリート製の手すりは橋の欄干のイメージです。この時代のモダニズム建築らしく、和風のパターンをデザイン化して取り入れているところが素敵です。
d0086866_2322076.jpg


この建物、外観だけではそんなに感動するような仕掛けがないのですが、中に入って驚いてください。この、ガラス扉の重厚な陶器の取っ手。きっと清水とかで焼いたものなんでしょう。こういう民芸風のテイストもこの時代ならではです。
d0086866_23231857.jpg


圧巻は1階のロビーです。吹き抜けになった2階の天井から下がる、ちょっと50年代アトミック風味の照明オブジェ。個人的にものすごく好き。中庭の枯山水もデザイン化されたものです。
d0086866_23243583.jpg


壁の照明もモダンなエレガントさがあります。2階の廊下の手すり部分のデザインもすばらしい。
d0086866_23402039.jpg

d0086866_23403843.jpg


実は、床には十二支をデザインしたモザイクもあるんですが、ソファで隠れているのが惜しまれます。
d0086866_2341320.jpg


個人的にはとてもツボな和風モダンデザインなんですが、このロビーと中庭も改装するとかなんとかいう話もあったようです。ぜひとも、ここだけはそのままにして欲しい。
d0086866_23412354.jpg


■中京区 烏丸通夷川上ル 京都商工会議所
■1964年
[PR]
by radionova2 | 2006-10-29 23:29 | 公共行政
なでしこ柄のタイル


堀川通りにある会社のこじんまりとしたビルです。渋い色のタイルだなあと近付いてみると、なでしこの花の模様が浮き彫りになったユニークなものでした。よく見るとタイルごとに花の向きが微妙に違って、このランダムさゆえデザインパターンに気付きにくいのかもしれません。ちょっとした工芸品っていう感じです。

このあたりは、かつて羽振りの良かった和装関連の会社の趣向を凝らしたビルが、大小さまざまに立ち並んでいたはずです。きっと贅沢な素材なのでしょう。

このタイルの色使いといい、木製のドアの引き手のテクスチャーといい、1960~70年代の和風モダンなテイスト。個人的に1950年代~70年代の日本的モダンザインにはとても興味があります。

■上京区 会社ビル
■堀川寺之内あたり
[PR]
by radionova2 | 2006-09-18 23:49 | Detail
広縁のあるビル [消失物件]
d0086866_13524100.jpg

何の会社かよくわからないのですが、商売をしておられるお宅でしょう。ちょっと変わったビルです。

2階の大きな壁面はジオメトリックな窓枠のガラス張り。よく見ると、ガラスの奥は障子になっているんです。広縁というのか、サンルームというのか、かなり高い天井にはちょっと和風の照明もぶらさがっています。ユニークです!

1階に施工予定の表示が掛かっていたので、慌ててシャッターを切りました。こういう個性的な建物が無くなるのはとても残念です。

■下京区 会社ビル
■間之町花屋町下ル
[PR]
by radionova2 | 2006-09-08 01:55 | 企業
Modern洋裁学校 [消失物件]
dressmaking school, disappeared

好きな建物がまた消えてしまいました。
横長のラインが強調された明かり取りの窓に、アクセントを添える小さい丸窓、縦長のスクラッチタイル。かつて洋裁学校だったというデザイン性の高い建物でしたが、先日前を通ったら更地になっていました。

dressmaking school, disappeared

このデザイン画も素敵でした。いまは、ハルヨイという謎のワードを追いかけるすべもありません。

有名建築家の文化遺産ともいえる作品(武田五一設計の春陽堂本社)だって気が付いたら消えている昨今、しかたないことではあるのですが、寂しいです。

■東山区 洋裁学校
■鞘町通五条下ル
[PR]
by radionova2 | 2006-09-04 23:54 | 教育福祉