タグ:東山 ( 3 ) タグの人気記事
昭和RCモニュメント1 ぎおん石
60年代の終わりから70年代にかけての香りが残る建築として、2つのビルを紹介しましょう。まず、祇園は八坂神社の目の前、坂下石材商店のぎおん石ビルです。
d0086866_23132455.jpg

この建物の上のほう、有名なあの建築を連想しませんか?コルビュジェのロンシャン教会!あっちは1955年の作品ですが、こちらは昭和44年(1969年)の竣工。プレートには設計三澤建設設計事務所、施工長谷川工務店とあります。
d0086866_23144345.jpg

壁面のテクスチャーやデザインがかなり面白いビルです。壁面から突き出した丸い照明が、各所のモチーフとして使われています。
d0086866_23145910.jpg

このビル内の喫茶室のインテリアなんかも当時のままっぽいので、ぜひチェックしてみたいところなんですが、ちょっと入りにくいんですよね。
d0086866_23151689.jpg

京都の貴重な60~70年代的モニュメントです。
このビルと兄弟ビルという趣の金光教烏丸教会はこちら

■東山区 坂下石材商店 ぎおん石
■1969年竣工
■設計三澤建設設計事務所 施工長谷川工務店
[PR]
by radionova2 | 2007-02-17 23:21 | 店舗
伊東忠太の獅子 祇園閣
先月、円山公園にある祇園閣が公開されていたので見てきました。1927年(昭和2年)竣工、伊東忠太設計の異形の近代建築です。

現在は、龍池山大雲院という寺院の持ち物になっていますが、元は日清・日露戦争で巨万の富を得て一代で大倉財閥を築いた大倉喜八郎の別荘内に展望台として建てられた楼閣です。

祇園祭の山鉾風の屋根、寺院建築風の木組を模したテラス部分、城郭の石組みというよりはシャボンの泡のかたまりをイメージさせる形の土台の部分(ここは階段室なだけ)。この建物は鉄筋コンクリート製なのでこれらの表象には機能は関係ありません。すべてデザインなんです。やっぱり伊東忠太、素敵すぎる。
d0086866_2465134.jpg

この不思議なデザインを引き締めているのが、塔を守る一対の獅子。これがまた伊東忠太らしい独特の存在感があってすばらしいのです。中は撮影できなかったので、この味のある獅子をしっかり押さえてきました。
d0086866_2471534.jpg

あえて獅子と書きましたが、神社の入り口なんかにいるのは、本来、"獅子狛犬"という一対で、角があるのが狛犬、無いほうが獅子という区別があるそうです(これは京都国立博物館の展示で覚えた!)。これは角がないので両方とも獅子ということになりますね。
d0086866_2472741.jpg

展望台の手すり部分などはピンク色のコンクリートが少し風化している部分もありましたが、あまり使われていない建物なのでしっかりしている感じでした。今回は最上階へは上がれなかったのですが、いつか機会があれば上も見てみたいものです。
d0086866_2473718.jpg

■東山区 祇園閣
■下層及び基礎:鉄筋コンクリート造、中層以上:鉄骨鉄筋コンクリート造 3階建、銅板葺
■1927年(昭和2年)築 伊東忠太設計
■登録有形文化財
[PR]
by radionova2 | 2006-12-18 02:48 | 文化財その他
Modern洋裁学校 [消失物件]
dressmaking school, disappeared

好きな建物がまた消えてしまいました。
横長のラインが強調された明かり取りの窓に、アクセントを添える小さい丸窓、縦長のスクラッチタイル。かつて洋裁学校だったというデザイン性の高い建物でしたが、先日前を通ったら更地になっていました。

dressmaking school, disappeared

このデザイン画も素敵でした。いまは、ハルヨイという謎のワードを追いかけるすべもありません。

有名建築家の文化遺産ともいえる作品(武田五一設計の春陽堂本社)だって気が付いたら消えている昨今、しかたないことではあるのですが、寂しいです。

■東山区 洋裁学校
■鞘町通五条下ル
[PR]
by radionova2 | 2006-09-04 23:54 | 教育福祉