タグ:70年代 ( 5 ) タグの人気記事
70年代おしゃれマンション じょい下鴨
北大路通りに面する大型マンション。1階と地階はテナントになっていて、下鴨高木町のランドマーク的な建物なのですが、これが未来的でファンシーな、まさに70年代どまんなかの物件なんです。

d0086866_143157.jpg


「じょい下鴨」というネーミングからしてこの時代っぽいんですが、少し前に、この筆文字で描いたロゴが、これまた70年代的なサインポールから消えていたのです!これは改装とかされちゃうのだろうか!?と今回取り上げてみました。

d0086866_142968.jpg


まず、なんといってもこれ!壁面にビス付けされた透明ドーム!
現在では壁面に汚れが出ていてちょっと悲しいものがあるのですが、同じような明り取り窓は、東山仁王門の京都文教高校の建物にも付いているのを見かけたことがあります。

d0086866_1355169.jpg


エレベーターホールから見た丸窓はこんな感じ。

d0086866_1364072.jpg


エレベーターの扉の向かいの壁面は、デイジー模様のレリーフタイルがカワイイ!赤と白、丸、がここのデザインのテーマなんですね。

d0086866_137959.jpg


そして階段室はこんなデザイン。やっぱり丸窓が未来的!

d0086866_1365357.jpg


階段は三角形に螺旋を描いていて、これも幾何学的で美しい。

d0086866_1372214.jpg


各戸の外部にもアールのデザインが生かされていて、住居ごとに設置された格子の柵や面格子のデザインもちょっとファンシーで素敵。

d0086866_138676.jpg


廊下のバルコニーの上も飾り柵になっていて、これが、外から見ると可愛らしいトリミングになっているわけです。

d0086866_137446.jpg


すばらしい70年代集合住宅ですね。

d0086866_1345267.jpg


d0086866_1383115.jpg

■左京区 商業ビル/集合住宅
■竣工 1975年2月 SRC造9階建
■施工 熊谷組
[PR]
by radionova2 | 2007-11-05 01:40 | 住宅
モダンボウリングセンター
60~70年代建築好きとしては、いつか紹介したいと思っていた建物です。
千本中立売を下がったところ、仁和寺街道という細い道を東に入った民家の並びに忽然と現れるのがここ。かつてのボウリングセンターそのままの姿で利用されている公共施設、西陣文化センターです。
d0086866_1171179.jpg

このファサードのモダンデザイン、たまりませんね。入り口には営業時間なども残っています。
d0086866_1173398.jpg

もう1カ月以上前になるのですが、西陣地域の文化イベントの会場となっていたので、中をのぞいてきました。かつてボウリングのレーンだったところは、駐車場として使われているのですが、そのまま、アート作品が投影されていてカッコイイです。
d0086866_1175015.jpg

d0086866_118846.jpg

このボウリングセンターは1980年代の中ごろに廃業したそうなのですが、そのままで再利用して使われ続けているのが、今となっては貴重です。
d0086866_1182291.jpg

d0086866_1183650.jpg

■上京区 公共施設
■70年代?
[PR]
by radionova2 | 2007-07-09 01:00 | 公共行政
気になる窓のビル 日光エンジニアリング
このビル、いったい何階建てなんでしょう?
西大路七条に近い日光エンジニアリングさんという設備会社のビルなんですが、フロアごとに、下方と上方に互い違いに窓があるっぽいです。
d0086866_2232964.jpg

外観もユニークですが、建物の中ではどんな感じなのかと気になります。壁面はこんな感じで色を混ぜたタイル貼りになっていて、幾何学的な壁面をやさしい感じにしています。
d0086866_2235591.jpg

でもやっぱり、ちょっと変わってます。こういうのって生理的に合わない人、ありそうですね。
d0086866_2241529.jpg

大理石に刻まれた会社のサインはちょっとクラシック。会社の沿革を見ると1971年にこの社名になったそうなので、このころの建物という感じもします。
d0086866_2243126.jpg


■下京区 日光エンジニアリング
[PR]
by radionova2 | 2007-03-18 02:53 | 企業
70年代アルミビル 京都朝日ビルディング
d0086866_22174237.jpg
くすんだシルバーの壁面に、平面的に並ぶ同じサイズの窓。御池通りに並ぶビルのうち、柳馬場の朝日新聞ビルはどちらかというと地味な印象をうけがちなのですが、よく見ると1972年築というこの時代らしいすごく個性的なビルです。

d0086866_2229499.jpg
外装はすべてこれ!ハニカム形のエンボスになったアルミダイキャストパネルなんです。

d0086866_22311344.jpg
この写真をみればよく分かるのですが、縦長サイズのパネルと、窓用のパネルと、主に使われているのはこの2種類のパネルのみ。かなりサイバーなビルでしょ。

d0086866_22363299.jpg
昨年、ビルの1階にキッチンメーカーのショールームが入って、これが、今まであまり目立たなかったこのビルの魅力をうまく引き出しています。

d0086866_22411466.jpg
こんなポップアートは、この70年代のテクスチャーにはまりすぎですね。

d0086866_2243157.jpg
近代建築の魅力を生かしたリノベーションは盛んですが、こういう戦後建築のうまい活用も、もっと広まってほしいですね。

■中京区御池柳馬場
■京都朝日ビルディング
■1972年竣工
[PR]
by radionova2 | 2007-02-25 22:54 | 企業
昭和RCモニュメント2 金光教烏丸教会
先のぎおん石ビルと似通った、建物の上部のコンクリートのマッスが存在感バツグンなこちら。以前紹介した京都商工会議所の隣にある、金光教烏丸教会です。この屋上の物体、いったい中には何が入っているのでしょうか。
d0086866_23312356.jpg

こちらもコンクリートの処理が面白いテクスチャーなのですが、よく見ると、ぎおん石ビルのほうも奥の壁面に同じような処理の部分があります。定礎には昭和46年(1971年)とあり、先のぎおん石ビルのすぐあとに建てられた、同世代の建築といっていいのではないでしょうか。
d0086866_23315175.jpg

こちらもよく見ると細部が凝っていて楽しい建物です。ぎおん石ビルと金光教烏丸教会、60年代末から70年代はじめの雰囲気を伝える、それぞれ個性的だけれど共通点のある建築なんですね。
d0086866_23321611.jpg


■中京区 金光教烏丸教会
■定礎1971年7月
[PR]
by radionova2 | 2007-02-18 23:37 | 宗教施設